265442

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
情報交換場 金田式アンプを中心に語り合いましょう
[トップに戻る] [新規投稿] [スレッド表示] [トピック表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
1電源基板各種  / 2No267 パワーIVC (2) / 3PC Audio 再構築 (2) / 4試聴会ご来場ありがとうございます  / 5ES9018DAC譲りたいと思います  / 6DAC作りました (1) / 7近況  / 8No220 DAコンバータ (1) / 9MJフェス  / 10金田式DCアンプ試聴会 9月16日開催 (1) / 11DP-3000 No250 評価報告 (4) / 12OTOTEN DCアンプ試聴会のご案内 (1) / 13MJオーディオフェス  / 14SiCパワーアンプ (2) / 15新年のご挨拶  / 162017 DCアンプ試聴会のお知らせ (2) / 17訃報 小泉 永次郎氏  / 18基板の在庫確認について  / 19[DP-3000ターンテーブル制御アンプ (2) / 20デュアルタイマー基板 (1) /



電源基板各種 投稿者:masa 投稿日:2020/02/01(Sat) 11:17:04 No.754  引用する 
こんにちは!

部品整理しています。

実験用に使っていた定電圧電源周りの基板が多くあるので
yahooオークションに出品しています。
金田式 でオークション内検索してみてください。

お得価格だと思いますので、簡単に電源を組み立てるのにお役立てください。

尚、オークションIDをお持ちでない方は、連絡先までメールをお願い致します。


基板のページ下部に、連絡先があります。

http://dcamp.biz/DAC/

Re: No267 パワーIVC 投稿者:masa 投稿日:2020/01/19(Sun) 09:51:17 No.753  引用する 
こちらにてリリース致しました

http://dcamp.biz/DAC/

よろしくお願い致します

Re: No267 パワーIVC 投稿者:masa 投稿日:2020/01/17(Fri) 11:27:40 No.752  引用する 
あけましておめでとうございます!
遅いご挨拶、失礼しました。。

No267アンプ(MJ2019年10月・11月)の評価をしました。
問題無く動作しましたので、基板リリースしようと思います。
週末準備しますので、少々お待ちください。
組み立て調整は極めて簡単な部類に入るかと思います。

数時間で出来てしまうので、楽しみが少ないかも・・・(笑)

自分は、保護回路の動作を全部確認するので少し時間を要しました。動作が見れたので安心です。


入出力波形に周波数位相特性共に問題ないと思います。


基板の銅箔厚は通常の倍厚で作ってあります。

では、どうぞよろしくお願い致します。

Re: PC Audio 再構築 投稿者:masa 投稿日:2019/12/19(Thu) 20:48:02 No.751  引用する 
設計は完了しておりました、、

基板は来週あたりにくると思うので、お正月休みの工作としましょうかね。

Re: PC Audio 再構築 投稿者:masa 投稿日:2019/12/06(Fri) 19:15:54 No.750  引用する 
なぜDSDかと言うと、DSDファイルを持っていてそれを聴きたいという強い動機は無いのです、
DSD音源を音楽では2Lのサンプルくらいしか持ってないので、スミマセン

ではなぜかと言うと、PCと接続する写真のDDCを買ったのですが、DSDも通すと言うので、
なら、聴けるようにしようと
と言う感じで、
DSD再生に至りました

このDDCをパソコンに繋ぎ、Foober2000で予備実験をしました。
少しありましたが、DDCの出力にI2SのPCMとDSD信号を確認したので、
DACの基板設計を始めます
昔作ったDSD1794を思い出しつつ・・・

因みに再生可能だったのは、PCM〜384k、〜DSD256まで動作したのを確認しました。
定かではないが、もう一つ上までDDCは対応しているようですが、持っているファイル変換アプリでは、試したところまでしか吐き出してくれないので・・・
でも、そもそも、そのサンプリング周波数では音源も無いので十分です(笑)

PC Audio 再構築 投稿者:masa 投稿日:2019/12/06(Fri) 19:07:22 No.749  引用する 
2012年だったので、もう8年前になりますね。DSDとPCMの再生を考えていたのは。
その後、まったく発展させること無く今日まで来ました。
当時DSD1794チップ(金田先生のDAC使っているPCM1794とDSD入力以外は同じ)で、金田式220の前でしたね218をI/V変換に使いました。
いまならNo220をDSD1794の後ろに繋げばよろしいかと。

理由は特にないがPC Audioに使えるDACを作り始めました。
PCの中の音源はLinnのネットワークオーディオプレーヤで聴いているのですが、
パソコンを使いつつパソコンで音楽を鳴らそうかなと思ったからかな、、

続く

No267 パワーIVC 投稿者:masa 投稿日:2019/11/16(Sat) 20:33:43 No.748  引用する 
久しぶりにDCアンプ基板を設計しました。

最新のNo267パワーIVC基板です。銅箔厚は通常の倍厚70μ。

ただいま製造中で、来週あたり到着するので組み立ててみますね。
上手く動けばリリースしようと思います。
記事中の誤記も織り込んだつもりだが、さてどうかな??(笑)

下の5月に書き込んだ基板も届いているのですが・・・
半年もたっても、未評価。
涼しくなってきたので、色々中断中のオーディオアンプ系でも再開しないとですね

試聴会ご来場ありがとうございま... 投稿者:masa 投稿日:2019/10/20(Sun) 21:57:42 No.747  引用する 
皆さまに来て頂き感謝します。
下記ページに掲載しました。

http://dcamp.biz/?p=930

ES9018DAC譲りたいと思います 投稿者:masa 投稿日:2019/08/27(Tue) 22:06:16 No.746  引用する 
ES9018Sを使った弩級10電源DACです。MJフェスの1回目に皆さんにご試聴頂きました。

アナログ部が金田式No220のDAC回路になります。
よって出力は電流出力です。通常の電圧出力では無いのでご注意願います。
金田式の約10年前からのパワーアンプは電流入力になりました。
No220回路もそれに合わせた電流出力になっています。

写真の通りアナログ出力はバランスのXLRとシングルのRCAを付けています。
電流入力のパワーアンプをお持ちであれば、シングルRCAで直ぐに使用できます。

構成図の通り、必要な電源に対してすべて独立で給電しています。
抵抗は、Vishayのスケルトン(ネイキッド)をハーメチックシールドして内部にオイルをいれたVishay特注の抵抗を全てに使っています。1個7千円くらい。
SEコンデンサを指定の通り使っています。
電源は、金田式の回路を、ダイオードとFETはロームSiCを使いました。

ケースはアールアルミで特注しています。

デジタル入力は同軸のSPDIFのRCAとAESのXLRをスイッチで切り替えられるようにしてあります。

クロックは100MHzの超低位相ノイズ品を使っています、コネクタ化していますので外部クロック入力も容易に可能です。

こちらに構成図を置いておきます。

構成図はここをクリック。
http://dcamp.biz/DAC/docs/es9018bal.pdf

パーツ代だけで70〜80万円くらい掛かってます。
そろそろ次をと思いまして、
興味ある方にお譲りしたいのですが、如何でしょうか?

お問い合わせは
http://dcamp.biz/DAC/
の一番下の連絡欄をご参照願います

Re: DAC作りました 投稿者:MASA 投稿日:2019/06/23(Sun) 11:59:34 No.740  引用する 
試聴その2はCDにて行いました。

昔に作ったPHILIPS CD-PRO2を使ったトランスポートですが、先生に預けていたのが帰ってきましたので早速聴いてみました。

自分的には、CDから満足できる音が出てきたので満足です。

このメカもルビジウムからクロックを入れるなど、遊べる幅もあって面白いかもですね。

作ったのは10年ほど前になるかな・・、コントロールのマイコンをコントロールバス(DSAバス)を解析してファームを書きました。
当時はPHILIPS から出された見本の回路くらいしかなく、回路とマイコンも古く感じ電源も複数必要でした。そこでマイコン一つと単一電源のシンプルなものにしたくて自分で作ったのでした。
きちんと純正と変わらぬ動きなのでOKです。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -