265442

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
情報交換場 金田式アンプを中心に語り合いましょう
[トップに戻る] [新規投稿] [トピック表示] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
1電源基板各種  / 2No267 パワーIVC (2) / 3PC Audio 再構築 (2) / 4試聴会ご来場ありがとうございます  / 5ES9018DAC譲りたいと思います  / 6DAC作りました (1) / 7近況  / 8No220 DAコンバータ (1) / 9MJフェス  / 10金田式DCアンプ試聴会 9月16日開催 (1) / 11DP-3000 No250 評価報告 (4) / 12OTOTEN DCアンプ試聴会のご案内 (1) / 13MJオーディオフェス  / 14SiCパワーアンプ (2) / 15新年のご挨拶  / 162017 DCアンプ試聴会のお知らせ (2) / 17訃報 小泉 永次郎氏  / 18基板の在庫確認について  / 19[DP-3000ターンテーブル制御アンプ (2) / 20デュアルタイマー基板 (1) /



最新版ターンテーブル 投稿者:MASA 投稿日:2009/09/06(Sun) 19:22:25 No.114  引用する 
先般、金田氏製作の最新版ターンテーブル設置に立ち会ってきました。金田氏製作による、氏の調整・設置でした。お年である(大変失礼)にもかかわらず、細かい部分の半田付け作業、大変綺麗に素早くこなしておりました。いつもいつも氏の現場作業には驚かされるばかりです。アンプ・基板とも作りの綺麗さには重ねて驚きです。今回は、調整用のパーツは一切持たずでの設置調整でしたが、FG部のLED・フォトTRに記事とは特性が異なり、そのままではアンプが反応しないトラブルが生じたが、機転がきいた的確かつ限られた条件での回路変更でなんなくクリアです。

回転が綺麗にロックし、さて試聴です。素晴らしいの一言、安定感のあるこの音、生以上に生々しいJazzピアノ。時間を忘れてレコードを聴き続けたい時間です。次回発表のアンプもお持ちでしたが、レコードを聴いて時間切れです。これは残念でしたが、最新版のターンテーブルが聴けて満足な一日でした。10月の試聴会に、持ち込み予定だそうで、楽しみですね。

早速、帰ってきたら最新版ターンテーブルの基板作業を片付け完成させました。聴いていなければ、のんびり作っていたと思います。こちらも10月の試聴会にはリリースできればと思います。


Re: 最新版ターンテーブル 投稿者:MASA 投稿日:2009/09/12(Sat) 01:09:50 No.115  引用する 
こんばんは、
ターンテーブル制御アンプを作っているにあたって念のためにCD4059A設定を確認しようと思い、ソフトを作ってみました。ホームページのマニュアル欄にダウンロード出来るようしました。
ソフトに計算させて気が付いたのですが、2009年9月号のSP10用の45回転の設定値が少しずれているようです。記事の通りの配線では目標120Hzに対しCD4059A出力は120.6Hzになります。最適な値で配線すると120.0048Hzになり、より誤差が少なくなります。しかしながら、記事の設定でも十分小さな誤差ですのでその差が聞き分けられるかは?ですよね。ちなみに45回転時のJ1とJ10の配線が最適値(誤差最小)とは異なります。

本ソフト、イリーガル処理など手抜きで入れていません。また、十分に検証できていないので、バグがありましたらゴメンナサイ。


Re: 最新版ターンテーブル 投稿者:MASA 投稿日:2009/09/15(Tue) 08:56:47 No.116  引用する 
当方ソフトを、ブログを書かれている”へいぞう”様より使用感を頂きました。へいぞう様大変ありがとうございます。同様の計算プログラムを作成されていたのですね。本来へいぞう様ブログへご返信すべきところですが、うまく出来なかったのでこちらで失礼いたします。改善案を頂きました、内容についてご返答させて頂きます。ストロボ縞のご指摘ですが、私に勘違いがあるのかもしれませんが、現在の値で合っているようです。縞数の検算もして見ましたが、大丈夫なようです。

分周のエラーについてですが、実装しているモードでは入れたつもりですが・・・機能していないかな。分周数n=15999までとデータシートに記載されているので、15999以上でもそのまま計算しますが、エラーメッセージを出すようにしています。自分で試す分では、分周nエラーと、最大水晶周波数越えについては、エラーのメッセージが出ていました。

あと頂きましたExtended モードは少し先になりますが実装検討してみようかと思います。

最後になりますが、へいぞう様 重ねてありがとうございました。

Re: 最新版ターンテーブル 投稿者:へいぞう 投稿日:2009/09/16(Wed) 18:07:20 No.117  引用する 
ストロボパターンですが、ご迷惑をお掛けしました。
私の方が間違っていました。最新版をリリースする際に設定値を
間違えてコピーしてしまったものです。

Re: 最新版ターンテーブル 投稿者:へいぞう 投稿日:2009/09/16(Wed) 18:44:39 No.118  引用する 
分周数エラーですが、こんな設定をしたのですがエラーとなる筈ですが正しく表示されていないように思います。私の動作環境の違いによるものかもしれません。
  水晶周波数 1.8MHz
ストロボパターン 50Hz 33回転
  モード 2

Re: 最新版ターンテーブル 投稿者:MASA 投稿日:2009/09/16(Wed) 19:35:06 No.119  引用する 
”へいぞう”様

当方の掲示板のほうへ投稿ありがとうございます。

分周数エラーのご指摘ありがとうございます。ブログにおいても指摘いただき
ながら見逃しておりました。

改めてソースを見直したところ、評価変数が間違っていました。
おっしゃる通り正しく動作しておりません。ご迷惑お掛けしました。
”へいぞう”様の動作環境に問題はありません。

また、既に何名様の方がダウンロードされたようですが、寛容にバグをお許
し願います。
今週末に、Ver1.1として、正しくエラーチェックできるものをリリース致しま
す。

では、どうぞよろしくお願いいたします。

Re: 最新版ターンテーブル 投稿者:へいぞう 投稿日:2009/09/17(Thu) 00:30:37 No.120  引用する 
> ”へいぞう”様
>
> 当方の掲示板のほうへ投稿ありがとうございます。

MASA様、
 こんばんは、 
 こちらこそ赤っ恥な指摘をしてしまい申し訳ありませんでした。何卒ご容赦いただけますようお願いいたします。
 TTアンプ基板、期待しています。金田式の難易度最高峰のアンプですので、基板頒布は助かる人が多いと思います。

DACデジタル基板について 投稿者: 投稿日:2009/08/24(Mon) 18:14:47 No.112  引用する 
DACデジタル基板について、DACのマニュアルの最後の改造ポイントの点で質問があります。
デジタル基板上にジャンパーがあるということですが、デジタル基板を見ても、ジャンパーが見当たらないのですが、これはどこを指しているのでしょうか?

部品情報 投稿者:window-open 投稿日:2009/08/23(Sun) 09:58:46 No.111  引用する 
金田式に使用される部品の廉価情報をお知らせします。これらの部品を1個・2個と購入する人は少ないでしょう。一般的にはまとめ買いをするでしょうから、合計するとかなりお得になりますヨ!
[サトー電気]・31DF2 @126 、2SC1775A(E) 10個で\735 、2SA872A(E) 10個で\840(テーピング品) 、OSコン47uF 25V(SC) @179 、1S1588 10個で\189。 
皆様ご存知、秋葉原の[秋月電子]では・2SK170BL 1袋10個入りで\300(店頭には無く店員さんが奥から出して来ましたが在庫は十分との事。なおhfeがGRランクの袋もありますので、きちんと確認して。但し通販HomePage上では2SK170や2SK246BL(1袋10個入りで\200)も消えています。
[山王電子]・NISSEI APSコン 0.1uF 100V @70 他店では安くても@105
HomePageはない様で電話番号は03-3255-7550です。場所は秋葉原ラジオ・デパート2F
の海神無線の隣。
リーズナブルな価格でがんばっているお店は、消費者としても応援したいものです。

昨日(‘09/8/22)の情報
MT9Pソケット用コネクタが櫻屋電機(秋葉原ラジオ・デパート1F)にありました@500が在庫わずか!だそうです。

ターンテーブル制御アンプ 投稿者:MASA 投稿日:2009/08/08(Sat) 13:30:15 No.109  引用する 
今月のMJ誌(9月)に新ターンテーブル制御アンプが発表になりました。制御部のいくつかがICからディスクリート化され、若干部品点数が増え、基板の数も増えてますが音を考えると望ましい形との事です。少し前から基板回路化を進めておりましたのでパターン設計はじき完了する予定です。暑いので・・ちょっと設計はペースダウンです。涼しくなる秋に組み立てする事をもくろんでます。10月の金田氏の試聴会に参考出品する予定です。ご興味ある方は、見てみてくださいね。
記事はSP10Mk1用に最適されていますが、SL1100に流用しようと思います。SP10Mk1は持ってないので、使わないかと言われてますが、SL1100で十分な気がしてます。ベースも作る必要がないし手ごろと考ます。
モータードライブアンプの記事版も基板化すると思いますが(希望者も幾人かいますので)、入手難の部品もあり組み立てはめげそうです。自分はLM12Cのオペアンプ基板で作るつもり。ディスクリートモータドライブアンプを部品を頑張って集め挑戦する方も多そうです。皆さんの熱い気持ちには頭が下がります。部品が手に入ればディスクリートモータドライブアンプも作りたいと思ってはいますがどうなることやらです。
同時進行の6C19Pアンプとで、1系統のオーディオがオール金田式になりそうです。

ファインメットトランス 最終試... 投稿者:MASA 投稿日:2009/07/06(Mon) 04:45 No.94  引用する 
こんにちは、

今日は、ファインメット電源トランスの最終試作品が検査データと共に届きました。
これから真空管DACに組み込み試聴しようと思います。長かったですが、トランス
としての完成度は高いと思います。ニス含浸を深めにしたので写真では少し光っ
ています。

最初の試作段階でご賛同いただいてくれました方々には大変お待たせすること
になり、気長にお待ちいただいていることに感謝します。試聴した後、賛同者の
方分の製造依頼を掛けます。

結果的に、かなりの費用を投じてしまいましたが、データ蓄積ができたので各種
電源トランスが設計可能になりました。試作賛同者様には辛抱強く納得できるト
ランスできるまでお待ちいただき感謝を込めて、当初代金でご提供させて頂きま
す。

では、後ほど追加報告を致します。


Re: ファインメットトランス 最... 投稿者:MASA 投稿日:2009/07/08(Wed) 21:28 No.96  引用する 
トランスの電流容量は(超)高透磁率である為もあり、DAC駆動にたる範囲で制限しました。真空管DACの動作は、普通のコアトランス同様問題なく安定して動作しています。
さて試聴ですが、当方評論家では無く表現方法を持ち合わせていないことを差し引いてお読みいただけましたら幸いです。大吟醸日本酒は高級で高くなるほど、無味無臭透明な純水に近くなるとの表現を聞きますが、本トランスもそんな感じです。いくらでも呑める、飽きない、”つまみ”が旨い、疲れない そんな感じなのでしょうか。こうなると、不思議な感じで音楽が旨い”つまに”になります。それまでは部品のクオリティが高くなるとお酒が美味しくなっていくかのように音楽が美味しくなっていく感じでした。しかし、そのお酒の味が真水のようになると、美味しくなるのは”つまみ”です。なんと表現すれば良いのか・・・そんな印象です。但し、こればかりは趣味嗜好の話、十人十色の感受性の中で感じていただくしか有りません。私自身は気に入り、真空管DACはこれにて完成とし、きちんとシャーシを組み立てようと思います。やっとバラックから決別です。

Re: ファインメットトランス 最... 投稿者:MASA 投稿日:2009/07/16(Thu) 03:26 No.98  引用する 
真空管DAC用のファインメットトランスですが、MC/CD真空管BUFアンプも本トランス1台で駆動可能なように、電流容量を調整しています。と言うのも、さすがにCDラインバッファにもう一台トランスを、と言う訳にはいかないものでして・・。現在、DAC内にCDラインバッファをなんとか組み入れようと練っています。

ファインメット第2弾は、6C19Pアンプ用を設計中です。但し、金田氏の記事のように1電源から3台供給できる容量では、お値段が厳しいので、1台のみ分の供給できる容量にしています。自分はマルチではないので、ステレオアンプ1台で大丈夫なの少し助かっています。6C19Pアンプ基板設計もほぼ完了しましたので、ステレオアンプを電源部一体構成で作ろうと計画しています。10月の金田さんの試聴会(コール田無)に参考展示する予定です。今回はターンテーブル制御アンプ基板も持ち込み予定です。

真空管DAC完成報告を頂きました 投稿者:MASA 投稿日:2009/06/05(Fri) 01:42 No.79  引用する 
O様より、ご完成の報告を頂きました。完成おめでとうございます。
私などは、バラック状態ですが大変綺麗にケーシングされているようです。
音も満足しているとのこと、安心しまた嬉しい限りです。音のほうは、金田
氏の成果ですので、よきDACを発表されたことに感謝する次第です。

下記、当人様の了承を得て掲載させていただきます。

-------------------------------------------------------
このたび製作が完了し、完成となりましたので御礼かたがた完成写真をお送り
したいと思い、メール致しました。

別添の通り、一体型で作成しました。DAC基板の部分は少しアレンジをしてお
りますが、基本的にはPCM1794チップの構成で変化はありません。

素晴らしい音質で、当方のメイン機器となりました。本当にありがとうございま
した。

これで当方の機器は、DAC以降、プリ、フォノ、パワーアンプを含め、全て真空
管構成で構築できました。


Re: 真空管DAC完成報告を頂きま... 投稿者: 投稿日:2009/06/07(Sun) 02:01 No.80  引用する 
ご紹介頂きありがとうございました。

一応内容を記載しておきます。
DAC部は色々と手を加えてありますが、メモリーバッファー仕様にしております。デジタル部の入力コンデンサはSEコンにしたいところでしたが、資金不足でディップドマイカです。
あとIV抵抗だけは今までの好みで、スケルトンではなく、東京光音電波の無誘導抵抗にしてあります。
但し、資金の関係で、IV基板以降は、要所のみのSEコン(他の部分は双信のマイカ)です。また、あまりにもWE412Aが不憫なので、せめてとの思いで、気休めですが2200uFを1000uFで勘弁してもらいました。
この辺のところは逆に教えてもらいたいところです。

調整に関しては、7mAの電流値にあわせこむために500Ωの可変では足りなく、結局1Kのもので調整しました。最初は貴重な396A、412Aを壊してはいけないと思い、ロシア製の球とベンディックスの互換整流管で色々と試し、かなり回路への理解が進みました。

もう1点、これだけは注意事項ですが、電流調整用のアダプタは9pinのプラグを入手する必要があるのですが、今回追加で入手しようと秋葉を回りましたが私の知っているところでは全て品切れで入手が出来ませんでした。

入手先等、知っておられる方がいれば、教えていただければ幸いです。

Re: 真空管DAC完成報告を頂きま... 投稿者:MASA 投稿日:2009/06/07(Sun) 12:14 No.81  引用する 
COPYさま

ご投稿ありがとうございます。完成品写真など掲載の許諾もありがとうございます。
”2200uFを1000uF”については、私の感覚では大差ないと思います。
1000uFでも十分すぎる容量だと思います。少なくとも2200uF対して容量不足
であるとは感じません。

9pinのプラグですが、現在製造していないと聞きました、入手は困難だと思
います。秋葉原をくまなく探せば、あるかも知れませんが・・・。
私の方で、少々の予備は持っていますので、希望者がいればメール下さい。

PS.ホームページマニュアルの改版と新規追加を少しだけしました。
   お手数ですが、皆様 確認お願い致します。
   更に、今月は数件(USB-S/PDIF、PC用クオリティの小型ICアンプ等)の
   新規追加を動作の評価出来次第予定しています。

Re: 真空管DAC完成報告を頂きま... 投稿者: 投稿日:2009/06/14(Sun) 12:33 No.82  引用する 
9ピンのソッケトですが、私は秋葉原ラジオデパート 3階のシオヤ無線で入手しました。

Re: 真空管DAC完成報告を頂きま... 投稿者: 投稿日:2009/06/15(Mon) 21:20 No.83  引用する 
今日 シオヤ無線に行きました。9ピン、オスソケット売り切れでした。申し訳ありません

Re: 真空管DAC完成報告を頂きま... 投稿者: 投稿日:2009/06/16(Tue) 00:26 No.84  引用する 
やまやさま

情報ありがとうございます。
私も以前このお店で入手した記憶がありましたのでいってみる
とメスはあったのですが、オスが売切れでした。

どこか他にありますかねぇ。

当方は既に1個合って電流調整アダプタを製作済みですが、
6本の真空管をチェックするごとに一度電源を切って挿し直し
する必要があり、その都度、整流管他に負担が掛かると感じ
ています。せめて2セットあれば、半分に済むのではないか
との発想です。

Re: 真空管DAC完成報告を頂きま... 投稿者: 投稿日:2009/06/16(Tue) 20:40 No.86  引用する 
私の少ない経験からほかにありそうな所は、ラジオデパート2階海神無線の隣の狭い店のおっさん、店頭には一般品しか置いていませんが変わったものを在庫しています。CカーブのVR、昔のジョンソンソケット、規格外の電解コンデンサーなど買った事があります。あと万世橋警察の並び昭和どうり側山手線の下の、国際電気COPYさま、ご存知だと思いますが。昔の秋葉原らしい店でスポーツがりのにーちゃんに、こんなの有ると聞けば、即答してくれます。家が秋葉原に近いので、良く行きます見かけたらお知らせします

Re: 真空管DAC完成報告を頂きま... 投稿者: 投稿日:2009/06/17(Wed) 00:50 No.87  引用する 
やまやさま

ありがとうございます。私も探してみます。

Re: 真空管DAC完成報告を頂きま... 投稿者: 投稿日:2009/06/18(Thu) 18:38 No.89  引用する 
今日 秋葉原クラッシクコンポーネンツでMT9ピンアダプターというものを見つけました。MT9ピン めすの下にオスを一体化したものです。何に使うものか分りませんが、中央のビスをはずすと2つに分かれそうです。またはメスの部分に直接半田ずけすれば使えそうです

基板進捗 投稿者:MASA 投稿日:2009/05/29(Fri) 03:40 No.78  引用する 
お世話になっています。

遅れていました、ADC、DAC(FET版・真空管版)の製造依頼する運びとなりました。
ご連絡を頂き、お待たせしていた皆様、来週辺りにご発送時期などご案内をさせて
頂きます。長い期間のお待たせして申し訳ございませんでした。

ファインメットコア、こちらの方がお待たせしておりますが、日々トランス屋サンとデ
ータをとり、妥当な設計点を求めています。大まかな目処は立っていますが、どの
ように、コイルを構成しトランスとして完成させるか、相談中です。本当にお待たせ
してしまって申し訳ないのですが、重ねて今しばらくお待ち願います。
どちらかと言えばアモルファスやパーマロイに近い特性のコアでは、電源トランス
への適用が一番難しいものでした。入出力・段間トランスから始めれば良かった
かなと反省していますが、お陰でいいノウハウが得られました(大きな費用を投じ
てしまったが(涙))。

では、よろしくお願い致します。

アナログ基板について 投稿者:uki 投稿日:2009/05/19(Tue) 17:36 No.75  引用する 
こんにちは、はじめまして。
久しぶりに自作DACの検索をしてみて見つけました。

FET、真空管とも、再制作があれば購入を希望したいのですが、ご予定はありますか?
もしあれば、そのときにあわせてデジタル基板もお願いしたいのですが、いかがでしょうか?


Re: アナログ基板について 投稿者:MASA 投稿日:2009/05/19(Tue) 23:44 No.76  引用する 
uki 様

当方基板にご興味をお持ちいただきありがとうございます。
皆様には大変お待ちいただいてしまって申し訳なく思っています。
来月の上旬に、希望者にお配りできるよう進めております。
FET、真空管ともADC他に合わせて作る予定にしております。

どうか、今しばらくお待ち願います。
メールでご一報いただけましたら、日程決まりましたらご案内送
ります。

デジタル基板について 投稿者: 投稿日:2009/04/29(Wed) 23:54 No.68  引用する 
お世話になります。
お譲り頂いた真空管DACは安定してよい音を奏でております。
一点質問というか報告ですが、以前ご指摘されていた通り
やはり174.6kや192kのハイサンプリング周波数では音が出ません。
本来このDAIとDACチップでは192kまでいけると思うのですが、
(この組み合わせの他のDACでは再生出来ます)96kまでしか
出来ないようです。
もう少し調査をしてみたいと思いますが、8416がソフトウェア
モードなのが気になります。

Re: デジタル基板について 投稿者:MASA 投稿日:2009/05/01(Fri) 13:20 No.69  引用する 
CS8416のハイサンプルがロックしないと言う問題は、ソフトモードが関係していない
と私の知りえる報告で結論しております。当方基板のみならず、各種作られた方の
話を総合すると、チップの個体差がでてくるようです。

真空管DAC完動しました 投稿者: 投稿日:2009/04/21(Tue) 00:29 No.66  引用する 
色々とアドバイスを頂いたお陰で何とか完全動作までたどり
つきました。ありがとうございました。
12本のWE396のうち、1本が使えず、全く調整不可で、これを
DSCの出力段に使ったために75Vが出力したり!と悩んだり
しましたが予備で入手していたものに取り替えて事なきを
得たりと色々ありました。
でも出てきた音を聞くと全ての苦労が報われる音でした。
本当に感動モノです。
箱入れ工作を進めておりますので、完成しましたら写真を
投稿させて頂きます。
まずは御礼と報告まで。

Re: 真空管DAC完動しました 投稿者:MASA 投稿日:2009/04/21(Tue) 01:28 No.67  引用する 
無事に動作しているようで、安心です。
金田氏のアンプから離れてブランク20年くらいでしょうか、まず半導体DACを聴き
その可能性に感化され。音を聴くことなく真空管DACの基板化までしてしまいま
した。そして今、CD再生には無くてはならない存在です。私もちゃんと箱に入れ
ないとな・・・。

お写真を拝見できるのを楽しみにしております。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -