263177

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
情報交換場 金田式アンプを中心に語り合いましょう
[トップに戻る] [新規投稿] [トピック表示] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
1ES9018DAC譲りたいと思います  / 2DAC作りました (1) / 3近況  / 4No220 DAコンバータ (1) / 5MJフェス  / 6金田式DCアンプ試聴会 9月16日開催 (1) / 7DP-3000 No250 評価報告 (4) / 8OTOTEN DCアンプ試聴会のご案内 (1) / 9MJオーディオフェス  / 10SiCパワーアンプ (2) / 11新年のご挨拶  / 122017 DCアンプ試聴会のお知らせ (2) / 13訃報 小泉 永次郎氏  / 14基板の在庫確認について  / 15[DP-3000ターンテーブル制御アンプ (2) / 16デュアルタイマー基板 (1) / 17基板リリース予定 (7) / 18DAC (3) / 19新型 SiC MOS FET SCT3030AL  / 20「オイロダインを聴く会 Vol.2」 (2) /



RCAジャック 投稿者:MASA 投稿日:2014/06/01(Sun) 11:21:51 No.616  引用する 
DCアンプ試聴会は、祝日で大事な家族サービスの貴重な時間を割いて遠くからも、ご来場ありがとうございました。
お礼が遅くなりスミマセンでした。

さて、DCアンプを作る上での重要なアイテムであった、スパートロン研究所のRCAジャックが廃番となり、既に市場在庫も無くなってしまいました。

写真のは、秋葉原で現行でもよく見かける、スパートロンタイプと言われる、スパートロンより安価に販売されているものの同型品です。細かく見ればこのタイプも2種類の微妙な形状違いが秋葉原のにて売られています。


同型品と言ったのは、表面処理に金メッキをしていますが、生地に一般的に使用されるニッケルメッキをしておりません。見分け方は、金色が少しくすんで、ピカピカの金色では無いです。ニッケルメッキ無しだとこうなります。


スパートロン研究所のRCAジャックも、ニッケルメッキ無しで金メッキしています。よって、本品とスーパトロン研究所は金色の輝き具合が同じです。


ニッケルは磁性体で、磁石につきます。薄いメッキなのでネオジウムマグネットなどの強力磁石で試せばニッケルメッキ品は吸い付きます。


金田先生も、このニッケルメッキが磁性体で音の影響を及ぼすという事を過去の記事書かれておりまして、ニッケルメッキ無しのスパートン研究所のをRCAジャックを採用してきました。

電流伝送システム 投稿者:6336A 投稿日:2014/05/28(Wed) 10:20:10 No.613  引用する 
電流伝送システムを作り楽しんでおります。ただ、全部が電流伝送システムなら良いのですが、例えば電流伝送イコラーザーアンプから普通の(市販の)パワーアンプにつなぐにはどのようにしたら良いのでしょうか?もし、アダプターが必要でしたらどのようなものにしたら良いのかご教授願えますでしょうか?

Re: 電流伝送システム 投稿者:taro 投稿日:2014/05/28(Wed) 13:39:25 No.614  引用する 
こんにちは。
2012年の2,3月号にマルチアンプ用IVコンバーターが載っています。電流出力と電圧入力パワーアンプとをつなぐIVC(電池式)です。
3月号にはこのIVCの改良型が載っていて、SAOCは必要ないとありますが、私の経験では室温の違いで相当なドリフトが発生しました。SAOCを付けると10度でも25度でも、ドリフトが発生しても数秒で収束します。
ご参考まで。

Re: 電流伝送システム 投稿者:6336A 投稿日:2014/05/28(Wed) 21:59:17 No.615  引用する 
ご回答有難うございました。参考にして作ってみます。

金田式DCアンプ試聴会 2014年 投稿者:MASA 投稿日:2014/02/21(Fri) 19:47:45 No.600  引用する 
去年は諸般の事情により、正式な金田式DCアンプ試聴会を開催することが出来なかったのですが、

本年2014年は、春(5月)に開催する方向で調整中です。

詳細が決まりましたら、来月発売のMJ誌、本掲示板に案内を出させていただきます。


どうぞ、よろしくお願いいたします。

Re: 金田式DCアンプ試聴会 2014... 投稿者:MASA 投稿日:2014/03/10(Mon) 22:06:23 No.604  引用する 
本日発売のMJの案内の通り、

「2014年・金田式DCアンプ試聴会」
5月5日(祝・月曜)PM13:00〜
新浦安 Wave101市民ホール 大ホール

http://www.urayasu-kousha.or.jp/wave101/

にて、開催することになりました。

アクセスは、東京駅地下ホーム「京葉線・武蔵野線」にて、約15分の新浦安駅です。
駅からは、屋根のある歩道橋で2分くらいです(上記ホームページアクセス参照)。

東京駅からは、京葉線(快速・普通)/武蔵野線を問わず最初に出る電車に乗ればいちばん早く着きます(特急も出ていますが、特急は停車いたしません)。

ディスニーランドのある舞浜駅の次です。
連休中でもありますので家族サービスにてディズニーでのついでにお立ち寄りください。

最新アンプが金田先生の司会進行にて、じっくりと試聴体験ができる試聴会なっています。

機器詳細などは、決まり次第ご案内いたします。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

Re: 金田式DCアンプ試聴会 2014... 投稿者:MASA 投稿日:2014/04/30(Wed) 03:26:45 No.609  引用する 
今月・先月のMJの案内の通り、

「2014年・金田式DCアンプ試聴会」
5月5日(祝・月曜)PM13:00〜 (いつも18時くらいに終了しています)
新浦安 Wave101市民ホール 大ホール

http://www.urayasu-kousha.or.jp/wave101/

を開催いたします。


入場の予約など特に必要はございません。
入退場も開催時間中ご自由にできますので、お時間お都合が良い時にお立ち寄り頂ければと思います。

機器の入れ替えや、休憩時間などで、質問やアドバイスを金田先生に直接することもできるフランクな雰囲気の試聴会です。

最新記事のアンプの音を確かめてみたり、製作上の疑問点などを直接お話しされたりと、お気軽にご訪問ください。


では、皆様のご来場を、先生をはじめ万全の準備でお待ちしております。

Re: 金田式DCアンプ試聴会 2014... 投稿者:増田@東大和市 投稿日:2014/05/10(Sat) 12:04:54 No.612  引用する 
遅ればせながらご苦労さまでした。田無から新浦安ということでやや遠かったですが、充分楽しめました。かなりの爆音でツイータが切れた?とは気付きませんでした。ほんとうでしょうか。13:00から18:00までかなりの長い時間ありがとうございました。

SiCヘッドフォンアンプ 投稿者:MASA 投稿日:2014/04/09(Wed) 23:15:03 No.608  引用する 
知人がSiCヘッドフォンアンプ基板を2枚使ってバランスアンプを作りました。
バッテリー駆動のポータブル・アンプです。

ヘッドフォンのの方たちも濃い人は、バランスアンプとかやるのですね。

http://hiyohiyo.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html

私の方は、長く取り掛かっていた、SiCのハイパワーアンプ(No225モディファイ版)のバランス版が完成します。
近直にご報告できそうです。

IVCNo222に直接CDを接... 投稿者: 投稿日:2014/03/09(Sun) 10:39:49 No.602  引用する 
初めまして、友人から「No222パワーIVCアンプ」を製作依頼され、基板を購入して昨年(7月)、2台を製作完了(音出し調整)し、友人も音質的には非常に満足しています。
最近、本IVCアンプにVRを追加してCDを接続して欲しい旨の依頼を受けましたが、本IVCNo222にVRを追加する場合のインピーダンスマッチング方法等、アドバイス等、頂けたら有難いです。

Re: IVCNo222に直接CD... 投稿者:MASA 投稿日:2014/03/09(Sun) 12:38:45 No.603  引用する 
その節は、完成品のお写真まで頂きましてありがとうございます。お写真拝見し、きれいにケーシングされているのに感心しました。製作も調整も容易にでき、音にもご満足とお聞き安心しました。No222は、本当にお勧めのアンプだと考えております。

さて、ご質問の件ですが、VRにシリーズについているスケルトン抵抗5.1kオームをショートすると音量ゼロまで絞れるようになりますが・・・100%帰還で発振する心配もあります。
オシロをお持ちで、少々の電気知識もおありでしたら、難しいことではないので、容易な方法なので試してみても良いかと思います。ダミーロードでは発振は無くても、スピーカ負荷だとどうなるかもあり、色々と気になるところがあります。

私の方法はNo218のラインアンプを使っています。電圧入力なので、通常のCDなども繋げられ、No218ライン出力は電圧も電流も出ているので、この電流出力をSiCパワーIVCに繋いでます。
ボリュームコントロールも有効です。CDを直接つけたいとのご要望を満たせず、アンプ1台増えるのがデメリットです。

主には、金田式DACなので、DACにボリュームが付いているので、普段はDAC直結での使用です。

No218ラインの他では、新刊の単行本に記載されているカレントラインアンプもボリューム付ですので入れられます。こちらは電流入力しかないです(SiCパワーIVCと同じ)。ボリュームは付いてますのでゼロまで絞れます。SiCパワーIVCにボリュームが付いた感じに仕上がります。

SiCヘッドフォンアンプ 投稿者:MASA 投稿日:2014/02/05(Wed) 20:20:06 No.599  引用する 
ヘッドフォンアンプをSiC-FETで作ってみました。

写真、右下の基板がヘッドフォンアンプです。左下がSDカードのデジタルプレイヤー、左上がDAコンバータで、右上がDC-DCコンバータ(電源)です。DC-DCコンバータを用意したのは単一電源で使用するためです。普通にAC100Vからトランスで電源を作る方が音が良いと思います。


普通に良い感じの音だと思います。普段ヘッドフォンで音楽を聴いていないので、あてにならない感想かもしれません。
音量を上げた時(難聴にならない程度に控えてるが、つい)いい感じ音が届き、爽快な気持ちになりますね。
周りに迷惑を掛けずに、この音量感は気持ちがいいです。

DCアンプの抜けが良く、ダイレクトに音が音楽が伝わる感じ、たまらないね〜って気持ちにさせてくれます。この辺はスピーカもヘッドフォンも同じなんでしょうね。

小さくて軽い??持ち運び可能なSiCヘッドフォンアンプです。

あけましておめでとうございます 投稿者:MASA 投稿日:2014/01/02(Thu) 12:04:08 No.598  引用する 
あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

既成概念にとらわれず、音楽再生追及のためら自らの過去にも勇気をもって決別し、絶え間ない新方式追及、

金田先生の今年の活躍に、大いに期待できると思います。

追試の我々には、大変な一年ですね(笑)。


景気回復の実感はまだまだ持てない層の自分ではありますが、クラフトオーディオを大いに楽しむ年としたいと思います。

自分独自のアウトサイド金田流も、創意工夫とチャレンジ精神、そして遊び心を忘れずに発表していければと、今年の抱負としたいと思います。

良き一年となるよう、そして更なる未来のオーディオ界の新たなステージの一歩をみんなで刻んでいきましょう。

SCTMU001F 予約受付中 投稿者:MASA 投稿日:2013/12/05(Thu) 11:16:43 No.596  引用する 
SCTMU001F の予約受付中です。

最初のロットは数に限りがあるようなので、スミマセン。

色々とお騒がせのSCTMU001Fですが、出荷調整ができたようです。

よろしくお願いいたします。


2.No225 の欄に案内を掲載しました。

http://www.antique-audio.com/DAC/

Re: SCTMU001F 予約受付中 投稿者:MASA 投稿日:2013/12/21(Sat) 15:13:59 No.597  引用する 
10月頃からいつ発売とお待たせでしたが、入荷しました。
ご注文頂いている皆様には発送を始めました。
1・2日くらいで到着すると思います。今しばらく、お待ち願います。

今回ロットは限定数です。まだ少し残っていますので、ご興味ある方は、ご注文よろしくお願いいたします。次回ロット時期は未定だそうです。

よろしくお願いいたします。

いつになったら、SCT2120... 投稿者:2SK30 投稿日:2013/11/01(Fri) 01:40:01 No.592  引用する 
MASAさん

オーディオ・ホームシアター展には、怠惰にもいきませんでした。

盛況でしたか。

ところで、新デバイスSCT2120AFは、いつになったら出るのでしょうかね。

先だって、ロームのブースで聞いたら、来年の春ぐらいとか言っていました。

いつまで待たせるのでしょうかね。無線と実験に製作記事が出ても、作れるのは金田先生だけとなります。

金田アンプファン一同で、ロームに早く出せとと圧力をかけるしかありません。

Re: いつになったら、SCT21... 投稿者:2SK30 投稿日:2013/11/10(Sun) 14:04:39 No.593  引用する 
2SK30です

ロームに直接尋ねました。新デバイスSCTMU001Fの生産送りだし時期ですが、来年の1月ごろだということです。

DigiKeyからも発売するでのでしょうかと訊いたら、DigiKeyではやらない。若松通商などで出るそうです。

若松通商では、5,000円というトンデモない価格で出しているので、ちゃんと常識的価格で出すように言ってくださいと念をおしておきました。

たださえ、若い人の金田アンプへの参入が少なくなっているのに、一デバイスが5,000円もしたら、金田アンプファンは絶滅危惧種になってしまいます。

皆さんも、ロームや無線と実験に、この声をとどけましょう。

Re: いつになったら、SCT21... 投稿者:dcampfan 投稿日:2013/11/28(Thu) 20:21:39 No.594  引用する 
匿名掲示板2chに書き込みが、
若松で5,000円で予約開始だそうです。

そしてその次の書き込みに、
SCT2120AFCと同じではとの内容が、
Degikeyで来年1月より1,000円程度で発売開始。

う、MASAさんのところはどのくらいの価格でいつ出るかな?


ま、匿名掲示板情報なんで
でも、1,000円ならSCT2120AFCを買ってもいいやと思うきょう此の頃だな。

Re: いつになったら、SCT21... 投稿者:2SK30 投稿日:2013/11/29(Fri) 23:08:33 No.595  引用する 
>SCT2120AFCと同じではとの内容が、
Degikeyで来年1月より1,000円程度で発売開始。

の情報が本物ならありがたいですね。

最初の1台のアンプを作るにも、SICMOSU-FET素子を、10個くらい買って、特性を測って順番にならべると、ペア取りも楽になりますから。

SCTMU001F(SCT21201AF)が安いと、ドライバー段にも使えますから、選択肢が広がって良いことずくめです。

金田先生、2SC960や、2SC1161なんか、もう60代〜70代のアンプおじさんのパーツ箱に少しあるだけなんだから。

電流伝送プリの調整について 投稿者: 投稿日:2013/10/25(Fri) 19:59:14 No.591  引用する 
みなさん こんにちわ
普段はCDばかり聞いているのですが、たまにレコード
を聞きたくなることがあります。プリはNo.218用の基板をだいぶ前に購入させていただいたのですが、調整はどういう段取り
でやればいいのでしょう。Tr5のドレインとTr1のゲート配線
を切り離すとか、非常にアクロバティックなことをやらないと
だめみたいですが、みなさんは、どうされてますか。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -