265442

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
情報交換場 金田式アンプを中心に語り合いましょう
[トップに戻る] [新規投稿] [トピック表示] [新着順表示] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
1電源基板各種  / 2No267 パワーIVC (2) / 3PC Audio 再構築 (2) / 4試聴会ご来場ありがとうございます  / 5ES9018DAC譲りたいと思います  / 6DAC作りました (1) / 7近況  / 8No220 DAコンバータ (1) / 9MJフェス  / 10金田式DCアンプ試聴会 9月16日開催 (1) / 11DP-3000 No250 評価報告 (4) / 12OTOTEN DCアンプ試聴会のご案内 (1) / 13MJオーディオフェス  / 14SiCパワーアンプ (2) / 15新年のご挨拶  / 162017 DCアンプ試聴会のお知らせ (2) / 17訃報 小泉 永次郎氏  / 18基板の在庫確認について  / 19[DP-3000ターンテーブル制御アンプ (2) / 20デュアルタイマー基板 (1) /



6c19p 投稿者:MASA 投稿日:2009/02/26(Thu) 20:59 No.45  引用する 
近くADCとターンテーブル制御が完成します。希望者がいるようでしたらテスト後、配布用ロットを流そうと思います。

最近の試聴会では活躍の6c19pアンプですが、音も良く、なにより球が安価なのが良いです。自分でも欲しくなってきたので、いっそ基板化して楽に作りたいですね。全体コストも極めて安価なパワーアンプなので魅力たっぷりを感じます。なにせ、数万のお小遣いでOKなのがありがたい。球は真空管DACでもお世話になったウクライナからロットで調達しようと目論んでます。まだ、思いだけですので・・・。

Re: 6c19p 投稿者: 投稿日:2009/02/27(Fri) 13:58 No.46  引用する 
TT制御並び6C19P非常に興味あります。6C19Pは入手済みです。TT制御はパーツは確保済みですが、基板とボードで手が止まっています。

Re: 6c19p 投稿者:MASA 投稿日:2009/03/03(Tue) 23:36 No.47  引用する 
ABE様
こんばんは、興味を持っていただき有りがたい限りです。良きやりがいになります。ペースが遅くてゴメンナサイ。リリース時にはよろしくお願い致します。

6c19pアンプ、初段管C3gは基板用ソケットが無いみたい・・・。
こちらはパワー管と違い消耗品でないので、基板に直付けにしてしまおうかな。普通のソケットが取り付けられる穴を基板に空け、基板から配線するようにしようか迷ってます。
せっかく基板なんだから配線じゃ面倒ですよね・・・。
しばらく考えて見ます。

Re: 6c19p 投稿者: 投稿日:2009/03/19(Thu) 18:51 No.57  引用する 
6C19Pアンプですが、少し前の回路になりますがハイブリットタイプでは如何ですか?ハイブリットタイプの6C33CBは製作しましたが、安定しており、音も良いですよ。回路図必要な場合、メール下さい。

2SA1967の入手について 投稿者: 投稿日:2009/01/31(Sat) 23:22 No.25 ホームページ  引用する 
U32sdakuさんが書かれている2SA1967の入手先について。
大阪のTSさんで、いくらなのかわかりませんが、W松さんでは630円だったと思います。ご存知の方もいらっしゃると思いますが「サトー電気」さんでは5個で1260円で、まだ在庫は十分なようです。通販もやっています。
金田さんのアンプは入手の難しい(生産していない)パーツも結構あり大変ですよね。
どなたかBlackGateのノンポーラ10uF50Vを1個か2個譲っていただけませんか?

Re: 2SA1967の入手につい... 投稿者: 投稿日:2009/03/18(Wed) 21:12 No.56  引用する 
window-openさん 2SA1967の入手情報をありがとうございました。やはり誰も情報提供してくれる人はいないかとあきらめて、ブログをよく見ていませんでした。しばらくぶりにチェックしたら、あった!!
だから、この情報を読ませていただいてほんとにありがたかったです。さっそくサトー電気さんに注文しました。大阪TSさんもW松さんも630円なので、これから比べるとほんとに安いですね。助かりました。

無題 投稿者: 投稿日:2009/03/12(Thu) 10:14 No.51  引用する 
ご返答ありがとうございます。
ゆっくりやっていただいてかまいませんので、
どうぞよろしくお願いします。

ADコンバーター 投稿者: 投稿日:2009/03/11(Wed) 21:42 No.49  引用する 
DAC基板のオークションを拝見してこちらに来ました。
できればADコンバーター是非譲っていただきたいと思っています。
よろしくお願いします。

Re: ADコンバーター 投稿者:MASA 投稿日:2009/03/12(Thu) 03:52 No.50  引用する 
KOJI 様

ADCにご興味を持っていただきありがとうございます。

DACのように希望者も無く、自分用にのみノンビリやってました。今週末には簡易のマニュアルを公開するよう準備を進めますね。

リリースは、ノンビリなのでスミマセンが今月末までにできるよう進めようと思います。

ADコンバーター 投稿者:MASA 投稿日:2009/03/06(Fri) 03:52 No.48  引用する 
ADコンバーターのパターンがほぼ出来たので、試作流そうと思っています。基板構成は、アナログアンプ(LRを1枚にまとめました)、デジタル基板(PLL1707とPLL1707は使用しないで純クリスタルの両対応にしています)、電源基板(+5Vと+3.3Vを1枚にまとめています)。記事のシャーシに入るサイズです。

まずは、試作組で動作確認をするのですが、試作ロットも少しですが枚数を流そうと思います(ちょっぴり合理的)。

問題なく動作した場合には、試作ロットを配布します。致命的なバグあれば、残念ながら廃棄・・・。

まあ数枚余計に作るのみですが、希望者いますかね?ここで希望しても購入の義務はありません。TOPページの、DAC基板問い合わせ、ないしは、ここの掲示板にお願い致します。

DSCのバランス補正について 投稿者: 投稿日:2009/02/23(Mon) 23:13 No.43  引用する 
こんばんは。
現在真空管DACを鋭意製作中ですが、DSCの396Aバランス
補正についてお教えいただければ幸いです。

2つのEcの差ですが、それぞれのEcはグリッド-カソード間
の電圧を双極それぞれ測り、その電圧の差ということで
良いのでしょうか?

すいません、素人質問ですが、お教えいただければ幸いです。

Re: DSCのバランス補正について 投稿者:MASA 投稿日:2009/02/24(Tue) 02:19 No.44  引用する 
こんばんは、

お考えの通りだと思います。MJ誌11月号p141の図18と図19では、Vcと記載されています。記事本文ではEcと書かれていますね。老婆心ながら、VcとEcは同じものです。

私は本工程を飛ばして球の選別をしていません。幸か不幸か動いています。

球の測定と補正抵抗を入れられた方のフォローをお願い致します。

完成しました 投稿者:yan 投稿日:2009/02/17(Tue) 23:30 No.34  引用する 
半導体タイプのDACですが、完成しました。IVC,DSCはPタイプです。
2年ほど前に通販の部品キットで半導体タイプのラインアンプを組み立てた程度の経験ですが、バラック状態ではありましたが一発で音がでました。
現在は1筐体にDACとラインアンプをいれDAC単体で音量を変更できるようにしました。
電源を入れるたびに音がよくなっていくので、まだエージング途中のようですが、素晴らしい音がでています。

気づいた点として
1. マニュアルの3.3V電源の説明で「D1とTR3は熱結合」となっているが、写真ではD5とTR7が熱結合されているようなので写真の通りにしました
2. 他のDAC(benchmark のdac1)でエラーとなる入力を入れるとかなりのレベルのホワイトノイズのようなノイズが出力されます。ちなみにbenchmarkのdac1ではエラーランプが点灯し、無音になります。そんな信号は入れなければいいのですが、ちょっと気になりましたのでご報告します。

今後、1チャンネルだけでもデジタル入力のカップリングをSEコンデンサーに変更して、それで終わりにしようかなと思っています。

Re: 完成しました 投稿者:MASA 投稿日:2009/02/18(Wed) 02:45 No.35  引用する 
yan様

完成のご報告聞けて安心しました。音も気に入っていただけているようで良かったです。と言いましても、これは金田氏の回路・部品ですので私の力は・・殆ど無いですね。一発で音が出ることには貢献したようで冥利に尽きます。

ご指摘、どうもありがとうございます。
1.マニュアルは、直ぐに訂正させて頂きました。
2.この点は気づいていました。別の目的でしたがCS8416入力ロックを検出する版のμPプログラムは試作しています。この信号(非ロック時として)をPCM1794のミュートに入れれば良かったようです、基板設計の後でした、スミマセン。

今後もよろしくお願い致します。

Re: 完成しました 投稿者:yan 投稿日:2009/02/18(Wed) 21:33 No.36  引用する 
こんばんは、

>一発で音が出ることには貢献したようで冥利に尽きます
当初はキットを考えていたのですが、この基板にして正解でした。今回は部品の手配からFETの選別、板金加工も自分で行ったので大変勉強になりました。

>2.この点は気づいていました。別の目的でしたがCS8416入力ロックを検出する版のμPプログラムは試作しています。この信号(非ロック時として)をPCM1794のミュートに入れれば良かったようです
CPUのプログラムを交換するだけでは無理なのですね。
表面実装の場合、気軽にジャンパーを飛ばすことが出来ないのがつらいですね。

ところで、写真を添付する場合、JPEGファイルを添付ファイルに指定するだけでいいのですか?写真のサイズに制限とかありますか?今週末ごろに写真をUPしようかと思っています。


Re: 完成しました 投稿者:MASA 投稿日:2009/02/19(Thu) 01:28 No.37  引用する 
こんばんは yan様

>当初はキットを考えていたのですが、この基板にして正解でした。
嬉しいですね、ありがとうございます。

写真の掲載楽しみにしております。
jpegファイルを添付Fileにご指定いただくことで大丈夫です。ファイルサイズで300KBの制限を掛けてあります。画像編集ソフトで、画像サイズ横幅800pixくらいにすることで、ちょうど良いサイズになるかな???お手数ですが試してみてください。


Re: 完成しました 投稿者:yan 投稿日:2009/02/22(Sun) 19:04 No.40  引用する 
写真を撮りましたので掲載します。
シャーシは真空管プリアンプ用に作られているシャーシで外形が410x315x90(内法は395x295x80)の大きさです。これに、DACとラインアンプを内蔵させてデジタルプリの様な構成にしました。
今回のDACに合わせてオールFETプリメインのラインアンプ部を作成しそれを内蔵する予定でしたが、初段の定電流に-35Vを掛けるのは無理があるらしく盛大なハムがでるので、しかたなく以前作ったP-typeのラインアンプを内蔵しました。音はFETの方が好みなんですけどね。
2SA606の放熱器として607についてくるタイプの物を用意しましたが、スペースがないので写真の様に10mmのスペーサで浮かせて実装しました。この放熱器だけだと35Vかかる石は結構な温度になるのでIVCは別のタイプの放熱器を2段に重ね、DSCは場所に余裕があるのでもう一回り大きい放熱器にしました。この状態で、最も熱くなるのがIVCの35Vがかかる方の石で50度ぐらいに落ち着きます。また、ケースが大きいせいか天板を閉めても53度くらいにしか上昇しないので、天板の放熱穴はあけませんでした。(天板の熱さが5mmあるで、あけるとなると大変です)

音は本当に気に入っています。RVG REMASTERSやRVG EDITIONがすごいです。今回ラインアンプでも相当音が変わることを経験したので、次は真空管ラインアンプを計画しています。いづれは真空管DACにも挑戦するつもりです。


Re: 完成しました 投稿者:MASA 投稿日:2009/02/23(Mon) 01:34 No.41  引用する 
yan様

お写真掲載ありがとうございます。大変に綺麗に作られているようで、素晴らしい出来ですね。配線の裏・表をうまく使いわけられています。勉強になりますね。ラインアンプもそのまま実装されたのですね、コンパクトにまとめるには良いアイデアです。

貴重な写真ありがとうございます。音のほうも満足できるようで安心しております。横のブライトロン?のトランス、後ろの球アンプですか、自作オーディを楽しまれている様子が見受けられます。

今後ともよろしくお願い致します。



Re: 完成しました 投稿者:yan 投稿日:2009/02/23(Mon) 07:12 No.42  引用する 
>横のブライトロン?のトランス、後ろの球アンプですか、自作オーディを楽しまれている様子が見受けられます
あ、球アンプはヤフオクで落札した物で私が作ったものではありません。自作の経験は殆ど無いんです。
トランスはベンチマークのDAC1を使っていたときは必須だったのですが、金田式DACの場合DAC1ほどの劇的な変化はありませんでした。でも余っているのでつけてあります。
シャーシもフロント、リアともに穴あけ彫刻済みでしたので、私が行ったのは部品に合わせて穴を広げたのと、基板、トランス取り付けの為の穴を底板にあけたぐらいです。穴あけぐらいならと自分で行いましたが、あまりきれいに出来ませんでした。

MASAさんもいろいろ計画されているようで楽しみにしています。

A&Vフェスタ 投稿者:MASA 投稿日:2009/02/20(Fri) 01:56 No.38  引用する 
今週末のパシフィコ横浜(桜木町)で開催されるA&Vフェスタのご案内です。

2月22日(日)11:30〜 金田氏の試聴会が今年も開催されます。
最新DCアンプで聴くデジタルオーディオソース

http://www.avfesta.com/avf09/event/seminar.html

私も行く予定にしています。


Re: A&Vフェスタ 投稿者:MASA 投稿日:2009/02/22(Sun) 01:30 No.39  引用する 
本日A&Vフェスタ会場にて、ADCを聴きました。その存在感の無さに驚いた、存在する事によって音を悪化させないばかりか、好ましい方向に変化するさまを体験し更に驚かされました。本ADCを用いてLPから焼いたCDの音もアナログLPの良さを全く損ねていないようで、時間が無いことにかまけて遅れているADC基板を加速させねばとの思いになりました。DACには、つくづく音は出るまで分からない、出てしまえば結果が全てと理論では理解できない事もあり悩む次第です。金田式はオーディオのわずかな一側面ではありますが、面白い体験ができる機会です、お時間に都合が付く方は是非試聴会のほうに足を運んでみてはと思います。遠方の方、申し訳ありません。

明日は、JBL3ウエイ、6C19Pマルチ、アナログLP(SL−1100)、ADC、DACとラインアンプは管球式の構成です。

半導体DAC 投稿者: 投稿日:2009/02/12(Thu) 21:30 No.31  引用する 
12月末に基板セットが到着して、やっと完成しました。
CDしか再生できない方もいるようですが、私はDVDオーディオもOKでした。SACDはそれようのCDPがないのでわかりません。
パナソニックのブルーレイレコーダーの同軸出力をつないでみました。昨年放送されたハイビジョンの東京ジャズフェスをHDDに録画したものは再生でました。が、いま現在放送中の音声が再生されません。
同社に問い合わせると、初期設定がビットストリーム出力にななっているのでPCMに設定し直してとのこと。
設定しなおすとバッチリです。
私が持っているのは高音質の機種ですが、金田DACはさらに上回ります。当たり前か。
寺井尚子のバイオリインの音が特にすばらしいですよ。



Re: 半導体DAC 投稿者:MASA 投稿日:2009/02/13(Fri) 00:01 No.32  引用する 
taro様
完成おめでとうございます。そうですか、各種ソース再生可能なのですね。チップの個体差があるようです。スペックとして出しているのですから、個体差ではすまないと思いますが・・・。
もし差しさわりが無いようでしたら、完成写真でも掲載お願いします。では、楽しい音楽Lifeを、

ADC発表なりましたね 投稿者:MASA 投稿日:2009/01/09(Fri) 02:20 No.11  引用する 
DACの次は、ADCと来ましたね。
使いたい(生録ではないんですが)と計画してましたので、基板設計始めます。
一番厄介(ただ面倒なだけなんですが)な使用する部品は既にCADライブラリ
にしておいたので、回路図書いてみます。
週末は、休みたいので・・・、来週から始めましょうか。
DACのように需要は無いと思いますが、欲しい方いるのかな?
いるなら少し真面目に設計???するのか・・・・。

今回の記事、2箇所、金田氏らしかなる書き方がありました(思わず笑)。
200回で初めてでは、

Re: ADC発表なりましたね 投稿者:ken1_kato_99 投稿日:2009/01/17(Sat) 14:54 No.16  引用する 
ADCも作られるならば是非とも欲しいですね。
最初の1台は特に…

…って何台も作るつもりかいな? おいら

Re: ADC発表なりましたね 投稿者:SAM 投稿日:2009/02/10(Tue) 18:38 No.30  引用する 
本日(2/10)、本屋でADCの記事を立ち読みして、作りたくなってきました。丁度、過去に金田式マイクで生録したテープ(カセット)のデジタイズを考えておりましたので良いタイミングで発表された気がします。基板の完成を期待しております。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note Antispam Version -